リアルタイムオペレーティングシステムの「翼輝信息」:シリーズAで約18億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

リアルタイムオペレーティングシステムの「翼輝信息」:シリーズAで約18億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

リアルタイムオペレーティングシステム(RTOS)を開発する「翼輝信息(Acoinfo)」が、シリーズAで1億2000万元(約18億円)を調達した。リード・インベスターは「深圳市創新投資集団(Shenzhen Capital Group)」、「前海母基金(Qianhai FOF)」で、「星河投資」、「鼎興量子(Rising Investments)」、「陸石資本(Landstone Capital)」も出資に参加した。資金は同システムのSylixOSと、その他のソフト / ハードウェア関連コア製品の市場化促進、軌道交通(安全操作システム)やスマートグリッド(安全な蓄電設備)、航空宇宙、ファクトリーオートメーション、自動車、通信などの分野に向けた製品ソリューションの全面的改良に充てられる。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録