心臓弁膜症治療機器開発の「沛嘉医療」:シリーズCで約108億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

心臓弁膜症治療機器開発の「沛嘉医療」:シリーズCで約108億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

心臓弁膜症治療に用いる医療機器の研究開発を行う「沛嘉医療(Peijia Medical)」が、シリーズCで1億ドル(約108億円)を調達した。 出資者は某国際プライベートエクイティファンド、「遠翼投資(Grand Flight)」、「国投創新(SDIC Fund)」、「誠通基金(CCT Fund)」などに加え、既存株主の「経緯中国(Matrix Partners China)」、「礼来亜洲基金(Lily Asia Ventures)」なども出資した。また「浩悦資本(Haoyue Capital)」が財務顧問を務めた。沛嘉医療は2012年に設立された。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

    セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

    メールマガジンに登録