EC大手「京東」インドネシア法人:物流インフラの拡大を継続、同日配送を推進

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

EC大手「京東」インドネシア法人:物流インフラの拡大を継続、同日配送を推進

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

続きを読む

中国EC大手「京東(JD.com)」のインドネシア法人「京東インドネシア(JD.ID)」の章力CEOが、京東インドネシアは物流インフラの規模を引き続き拡大していくと述べた。
現在、京東インドネシアはジャカルタ、スラバヤ、ポンティアナク、メダン、マカッサル、セマラングの6都市で少なくとも11施設を稼働させており、今後倉庫がまだ置かれていない大都市を中心として、顧客ニーズに合わせて倉庫増設を計画していく。現在ジャカルタで処理された注文のうち、約85%が同日配送されており、倉庫の増設によって将来サービス対象地域は拡大するだろうとのこと。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手