海外投資プラットフォームの「理享家」:シリーズD+で約38億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

海外投資プラットフォームの「理享家」:シリーズD+で約38億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

グローバル・アセット・アロケーション(国際分散投資)・プラットフォームの「理享家(ASSET PRO)」が、シリーズD+で3500万ドル(約38億円)を調達した。出資者は金融大手「平安集団(Ping An Group)」傘下のファンド。資金は、プラットフォームのSaaS機能や分析システムのさらなる改善と、提携パートナーへの技術サポートに充てられる。理享家は2013年に設立され、現在では独立系ファイナンシャルプランナー(IFP)や資産管理機関など、16万のビジネスユーザーをカバーしている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録