伊藤忠出資のEV商用車リースの「地上鉄」:シリーズC1で数十億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

伊藤忠出資のEV商用車リースの「地上鉄」:シリーズC1で数十億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

新エネルギー物流車両を用いたオンライン物流ソリューションを提供する「地上鉄(DST)」が、シリーズC1で数千万ドル(数十億円)を調達した。リード・インベスターは「オリンパス・キャピタル」が管理する「亜洲環境基金(Asian Environment Partners)」、コ・インベスターは既存株主の「時代資本(Jeneration Capital)」と「伊藤忠商事」。資金はスマートアセットマネジメントやデジタル運営管理プラットフォームのアップグレード、サービス事業の拡充、革新的な製品の研究開発に充てられる。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録