ソフトバンク第2号ビジョン・ファンド:2020年第1四半期に3兆円規模の資金調達を完了か

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

ソフトバンク第2号ビジョン・ファンド:2020年第1四半期に3兆円規模の資金調達を完了か

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

インドのオンラインメディア「ET Tech」によると、ソフトバンクの第2号ビジョン・ファンドが、2020年第1四半期に資金調達を完了し、約300億ドル(約3兆3000億円)規模になる見込みとのこと。シェアオフィス「WeWork」を運営する「ウィーカンパニー(The We Company)」のIPOが頓挫した影響により、その調達金額は、1000億ドル(約11兆円)規模だった第1号ファンドに遠く及ばない。また、最大スポンサーであるサウジアラビアとアブダビの政府系ファンドからの、第2号ファンドに対する資金提供の承諾もいまだ得られていない。このほかソフトバンクは、アリババ、ヤフージャパン、ソフトバンクモバイルの株式売却により資金を補填するだろうとの情報もある。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録