民泊仲介サービス大手「Airbnb」:約2100億円の税金を納付、2020年の上場に向け準備

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

民泊仲介サービス大手「Airbnb」:約2100億円の税金を納付、2020年の上場に向け準備

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

続きを読む

民泊仲介サービス大手「Airbnb」が2019年末までに政府に納付する観光税及び宿泊税は、20億ドル(約2100億円)に達する見込みだ。また、ボストンやマイアミなど、米国の多数の都市で起こされていたAirbnbに対する訴訟も解決したとのこと。今後Airbnbは、2020年の上場に向け、適切な措置を講じて税金を納付し、地方自治体との提携を進めていくという。(新浪科技)

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手