コンサルティングファーム「KPMG」:中国投資で一番人気はモビリティ業界

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

コンサルティングファーム「KPMG」:中国投資で一番人気はモビリティ業界

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

KPMGが発表した2019年第3四半期に関するレポート「Venture Pulse」によると、アジア地域における第3四半期の投資案件数は922件で、前期の839件に比べて大幅に上昇したという。第3四半期、全世界の投資取引額が557億1000万ドル(約6兆900億円)に落ち込む中、アジア市場への投資総額は149億2000万ドル(約1兆6300億円)だった。アジア太平洋地域の投資案件トップ10において、中国国内の交通およびモビリティ関連への投資案件が5件を占め、最も人気のある分野となった。また、AIを活用したヘルステックの出現も、引き続き投資家の注目を集めている。(『上海証券報』)

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録