仮想化ソフト開発の「趨動科技」:エンジェルラウンドで資金調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

仮想化ソフト開発の「趨動科技」:エンジェルラウンドで資金調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

仮想化ソフトウェアの研究開発を手掛ける中国のスタートアップ「趨動科技(VirtAI Tech)」がエンジェルラウンドで資金を調達した。リード・インベスターは「涌鏵投資(Yonghua Capital)」、コ・インベスターはAIチップ企業「深鑑科技(DeePhi Tech)」の姚頌CEO。趨動科技は2018年に、世界最大のストレージ機器開発企業「Dell EMC」の「EMC中国研究院(EMC Labs China)」でのキャリアを有するチームにより設立された。同社は主にAIアクセラレータの仮想化及びリソースプール化ソフトやソリューションを提供している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録