OPPO傘下の「OnePlus」:2020年、インドで体験型店舗100店オープンを計画

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

OPPO傘下の「OnePlus」:2020年、インドで体験型店舗100店オープンを計画

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国のIT関連ニュースサイト「IT之家」によると、インドのテック系サイト「91mobiles」の報道として、OPPO傘下のスマートフォンメーカー「OnePlus(一加)」は、2020年にインドのオフライン市場での拡大戦略に力を入れ、50都市で100軒の体験型店舗オープンを目指すとのこと。OnePlusは既にムンバイに本社を置くオフライン小売業者「SRK」と提携し、オフラインストアのネットワークを構築済みだが、さらに自社の体験型店舗を多数オープンする計画だという。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録