コービー急逝で関連シューズが高騰、プラットフォームでは取引自粛の動きも

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

コービー急逝で関連シューズが高騰、プラットフォームでは取引自粛の動きも

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

界面新聞によると、元NBA選手のコービー・ブライアント(Kobe Bryant)氏の急逝を受け、中国のスニーカートレーディングプラットフォーム「得物(以前の名称は「毒」)」では、コービー関連スニーカーなどの価格が高騰したため、多くのコービーファンは不満を抱き、死者に対する冒瀆だと感じているという。このような状況に対し、得物は直ちに全てのコービー関連スニーカーの取引を中止し、一部のアカウントに対して停止措置を執り、また同時にプラットフォームで行われる価格の吊り上げ行為に反対する公式声明を発表した。声明の中で得物は、バスケットボールファンやユーザーがコービーを愛し偲ぶ気持ちを理解しており、売買双方の権益を保護するため、ユーザーには理性的な消費行動をお願いしたいと述べている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録