新型肺炎で上映中止の春節映画『囧妈』、バイトダンス系プラットフォームでの再生回数が6億回を超える

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

新型肺炎で上映中止の春節映画『囧妈』、バイトダンス系プラットフォームでの再生回数が6億回を超える

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

バイトダンス傘下のニュースアプリ「今日頭条」系4大プラットフォームである「抖音(Douyin;TikTokの中国国内版)」、「西瓜視頻(Xigua Video)」、「今日頭条(Toutiao)」、「抖音火山版(Douyin Huoshan Version)」およびスマートテレビアプリ「鮮時光(Fresh Time)」で無料公開されている春節(旧正月)映画『囧媽(Lost In Russia)』の総再生数が、2020年1月27日0時までに6億回を超え、延べ1億8000万人が視聴し、32万件のコメントが寄せられた。伝えられるところによれば、『囧妈』の再生回数は湖北省だけで2500万回を超えている。『囧妈』のほか、西瓜視頻、抖音、今日頭条では『瘋狂的外星人(Crazy Alien)』、『唐人街探案(Detective Chinatown;邦題:僕はチャイナタウンの名探偵)』を含む13本の映画が配信されている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録