企業向け社宅サービスの「安歆集団」:シリーズCで資金を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

企業向け社宅サービスの「安歆集団」:シリーズCで資金を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

企業に従業員向け社宅サービスを提供している「安歆集団(Anxin Apartment)」が、シリーズCで資金を調達した。出資者は米投資会社「カーライルグループ(Carlyle Group)」。安歆集団創業者の徐早霞CEOによると、資金は主に規模の拡張、ミドルオフィスの設置、チームの構築などに充てられるとのこと。安歆集団は2017年にシリーズB+で、「啓明創投(Qiming Venture Partners)」、「嘉御基金(Vision Knight Capital)」、「涌鏵投資(YONGHUA CAPITAL)」、「PCP投資(PCP Investment)」、「東方富海(Oriental Fortune Capital)」から数億元(数十億円)を調達済み。また安歆集団には、「中城投資(CURA INVESTMENT)」や大手ホテルチェーン「首旅如家(BTG Homeinns Hotels)」なども出資している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録