EC大手「京東」、武漢市内で自動配送ロボットを初運用

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

EC大手「京東」、武漢市内で自動配送ロボットを初運用

続きを読む

中国EC大手の「京東(JD.com)」によると、 新型コロナウイルス流行の震源地、湖北省武漢市内の青山区吉林街にて、スマートデリバリーロボットが「京東物流(JD Logistics)」仁和ステーションから約600m先にある武漢第九病院へ医療物資を配送したという。これは新型肺炎流行後、武漢市で行われた初の無人配送である。京東によると、今後、武漢市内のさらに多くの病院に向けスマートデリバリーロボットを使用した必要物資の配送を行う。また、ニーズがあれば隔離された病院や居住区へもデリバリーロボットによる物資輸送・配送サービスを提供するとのこと。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手