VIP顧客向け空港サービスの「龍騰出行」:シリーズBで数十億円調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

VIP顧客向け空港サービスの「龍騰出行」:シリーズBで数十億円調達

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

続きを読む

空港や高速鉄道でラウンジサービスを提供する「龍騰出行(DragonPass)」が、シリーズBで数千万ドル(数十億円)を調達した。リード・インベスターは「鴎翎投資(Ocean Link)」、コ・インベスターは大手旅行会社「携程(Trip.com)」。資金は主に技術プラットフォームの構築、空港や高速鉄道におけるサプライチェーンの拡張、グローバル事業の拡大に充てられる。2005年に設立された龍騰出行は、当初「ラウンジ」サービスのみ提供していたが、その後VIPルーム、レストラン、リムジン、空港でのVIP向けバトラーサービス「要客通」を世界中の会員に提供するなど、サービスを多様化させている。2019年末時点で、同社のサービスは140の国や地域にある600近い都市で利用可能。

メールアドレスを登録して中国最新情報入手

関連キーワード

メールアドレスを登録して中国最新情報入手