アリババ系次世代スーパー「盒馬」に、新型コロナウイルスで休業中の多業種から従業員が続々加入

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

アリババ系次世代スーパー「盒馬」に、新型コロナウイルスで休業中の多業種から従業員が続々加入

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

アリババ傘下で次世代スーパーを展開する「盒馬鮮生(Hema Fresh)」によると、新型コロナウイルス流行の影響を受けて休業期間が長期化している飲食店従業員の収入問題を解決するため、2月3日にレストランチェーン「雲海肴(Yun Nans)」や「西貝(Xibei)」など飲食ブランドと「従業員シェアリング」提携を結んで以来、2月10日までに32社が続々と同提携に加わり、1800名以上が盒馬で正式に就業を始めている。参加業種は飲食、ホテル、映画館、デパート、ショッピングセンター、タクシー、レンタカーなど。2月8日には、タクシーの「上海大衆出行(Dazhong Go)」、レンタカーサービスの「財新聯合(Caixin Union)」、酒類販売の「壹玖壹玖酒類平台科技(1919.cn)」と全国的な雇用提携を結んでいる。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録