2020年米国自動車耐久品質調査、モデル別で「レクサスES」が首位に

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

2020年米国自動車耐久品質調査、モデル別で「レクサスES」が首位に

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

米国の顧客満足度調査会社「J.D.パワー」は2月12日、2020年米国自動車耐久品質調査(Vehicle Dependability Study;VDS)を発表した。調査は、数値が小さいほど不具合指摘が少なく品質が良いことを示すPP100(Problems Per 100 vehicles)というスコアを用いる。評価対象車のうち、ブランド別では韓国・現代(ヒュンダイ)自動車傘下の高級車ブランド「ジェネシス」が89ポイントでトップに立ち、以下「レクサス」、「ビュイック」、「ポルシェ」、「トヨタ」と続いている。モデル別では「レクサスES」が首位となり、J.D.パワーが同調査を開始して以来最高の成績である52ポイントだった。また、日産自動車の「リーフ」がフルEVとして初めて部門別(コンパクトカー部門)の首位に輝いた。車両全体の信頼性は平均して2019年から1.5%向上したという。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録