北京市では映画鑑賞に実名登録が必要、新型コロナから映画館再開向けに

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

北京市では映画鑑賞に実名登録が必要、新型コロナから映画館再開向けに

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

2月26日、北京市映画局は北京疾病予防管理センターと共同で『新型コロナウイルス肺炎流行期間中の北京市映画産業再開における防疫ガイドライン(Ver.1.0)』を発表した。それによると、映画館再開には、感染予防管理規則および緊急対応マニュアルの策定、所属地区の主管部門への業務および上映再開申請、市映画局への報告が必要になる。上映再開後、一定期間は観客が密着しないよう1列おき・1席おきのチケット販売となり、チケット売り場では観客情報登録制度が実施され、観客は氏名・性別・住所・身分証ID・連絡先電話番号・鑑賞映画タイトル・上映時刻・スクリーンナンバー・座席番号などを登録しなければならない。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録