2019年中国家電市場の小売売上高は約12兆7000億円、家電量販大手蘇寧のシェアは2割超

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

2019年中国家電市場の小売売上高は約12兆7000億円、家電量販大手蘇寧のシェアは2割超

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

2月17日、「中国家用電器研究院(CHEARI)」と「全国家用電器工業信息中心(NAIC)」が共同で『2019年中国家電行業年度報告』を発表した。報告によると、2019年、中国国内家電市場の小売売上高は8032億元(約12兆7000億円)だった。内訳を見ると、家電量販大手の「蘇寧(Suning)」が22.8%を占め、家電の全チャネルでトップに立った。以下、EC大手「京東(JD.com)」(14.4%)、アリババ系ECモール「天猫(Tmall)」(8.8%)、家電量販チェーン「国美(GOME)」(5.8%)、「五星電器(Five Star Appliance)」(1.2%)が、それぞれ2~5位にランクインしている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録