植物肉で資金調達国内最大の「Starfield」、数億円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

植物肉で資金調達国内最大の「Starfield」、数億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国で大豆を主原料とした代替肉「植物肉」を研究開発する「Starfield(星期零)」が、数千万元(数億円)を調達した。出資者は「愉悦資本(Joy Capital)」、「マトリックス・パートナーズ・チャイナ(経緯中国)」、畜産農業の代替案に投資する投資機関として有名な米「New Crop Capital」、中国向け投資で同社と提携する「Dao Foods Capital」など。

Starfieldは2019年に設立された。公式情報によると、Starfieldは現時点で調達額国内最大の人工肉スタートアップだ。同社は既に海藻からの糖タンパク質抽出方法に関する発明特許を有しており、人工肉2.0のフレーバー配合に関する特許を出願中である。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録