アリババ、デジタル人材1000万人を育成へ 「阿里本地生活大学」を設立

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

アリババ、デジタル人材1000万人を育成へ 「阿里本地生活大学」を設立

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

アリババ傘下の地域密着型生活関連サービス「口碑(koubei)」と、フードデリバリーサービス「餓了麼(Ele.me)」が、「阿里本地生活大学」の設立を発表した。今後3年間で1000コースを開設し、ローカルライフサービスに従事する労働者1000万人がデジタルスキルを向上・進化させるための支援を行うという。説明によると、阿里本地生活大学は、飲食、物流、ニューリテール、美容医療、総合教育、子育て、ブライダルなど、8つの学部を立ち上げ、様々なサービスセクター向けのトレーニングを提供する。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録