物流大手の順豊、地図分野に注力 グループ子会社「豊行智図」が約15億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

物流大手の順豊、地図分野に注力 グループ子会社「豊行智図」が約15億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

物流大手「順豊(SFエクスプレス)」グループ傘下の「豊行智図(SFMAP)」がシリーズAで1億元(約15億円)を上回る資金を調達した。

豊行智図は順豊グループ内でインキュベートされた地図分野に注力するテクノロジー企業で、2018年12月から独立運営を開始した。政府や企業および個人に対して位置決定サービスを提供している。2019年11月、豊行智図は中国国内のナビゲーション用デジタルマップの製作資格である甲級測量資格(中国国家測量地理情報局が規定する資格)を取得した。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録