サムスン、大赤字の液晶ディスプレイ生産終了へ

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

サムスン、大赤字の液晶ディスプレイ生産終了へ

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

3月31日、韓国サムスン傘下の「サムスンディスプレイ」が液晶ディスプレイ(LCD)市場の低迷で大規模な赤字となっていることを理由に、2020年第3四半期をもって韓国国内と中国蘇州にある工場でのLCD生産を終了することが明らかになった。中国のあるディスプレイ企業の関係者によると、サムスンからは2020年末にはすべてのLCD製品の供給をストップするという連絡が正式に入ったとのことである。

液晶ビジネスは中国本土企業の競争による供給過剰の状態となったため、今後サムスンの独自技術を生かした次世代パネルに重点を移すという。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録