AI音声技術のユニコーン企業「思必馳」、約64億2000万円を調達

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

AI音声技術のユニコーン企業「思必馳」、約64億2000万円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

言語・音声関連のAI技術開発を手掛ける「思必馳(Aispeech)」がシリーズEで4億1000万元(約64億2000万円)を調達した。リード・インベスターは「国調国信智芯(Guotiao Guoxin Zhixin)」、コ・インベスターは「北汽産投(BAIC Capital)」、「中信金石(Goldstone)」。思必馳は2007年に設立され、これまでに5ラウンドの資金調達を行い、出資者には「元禾控股(Oriza Holdings)」、アリババ、「メディアテック(聯發科技)」、「深創投(Shenzhen Capital Group)、フォックスコン(富士康)、「聯想之星(Legend Star)」などが含まれている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録