深圳で不動産販売にブロックチェーンを導入、スマート行政が急速に発展

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

深圳で不動産販売にブロックチェーンを導入、スマート行政が急速に発展

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

深圳で不動産販売において中国初となるブロックチェーンを利用した電子領収書が発行可能になり、税務シーンにおけるブロックチェーンの活用に関心が高まっている。広州、深圳、昆明、北京など複数の地域ではすでに、ブロックチェーンによる電子領収書がローンチされており、徴税業務・管理においてもブロックチェーンのパイロット運用が始まっている。従来の電子領収書にくらべ、ブロックチェーン電子領収書は発行元の信頼性、唯一性、トレーサビリティが保証される。業界関係者は、ブロックチェーンを税務分野で活用することで、発行元、真偽、精算などの情報を効果的に追跡でき、税務機関によるクロスボーダー取引へのモニタリングを強化し、徴税業務の管理を効率化することができると指摘している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録