米半導体NVIDIA、約7460億円の同社史上最高額でイスラエルのチップメーカーを買収

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

米半導体NVIDIA、約7460億円の同社史上最高額でイスラエルのチップメーカーを買収

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

2019年3月11日、米半導体メーカーの「NVIDIA」は自社の技術と、イスラエルのチップメーカー「Mellanox」が持つ高性能ネットワーキング技術の統合に向けて準備を進めると発表した。当時、NVIDIAと共にインテルやマイクロソフトといった大手企業もMellanoxに目を付けていたが、最終的にはNVIDIAが同社史上最高となる買収額を提案し、Mellanoxの買収合意を取り付けた。1999年に設立されたMellanoxは、数十年にわたり、高速インターコネクトのInfiniBand製品やイーサネット製品の研究開発に力を入れてきた。2010年末、MellanoxはInfiniBandスイッチメーカーの米「Voltaire」を買収している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録