中国証監会、ラッキンコーヒーの粉飾決算事件で米国の調査に協力

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

中国証監会、ラッキンコーヒーの粉飾決算事件で米国の調査に協力

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

米ナスダックに上場した新興コーヒーチェーン「瑞幸咖啡(luckin coffee)」の粉飾決算事件で、米中の調査協力が注目を集めている。「中国証券監督管理委員会(CSRC)」の関係者は4月27日、記者の質問に答えた際、luckin coffeeが粉飾決算を認めて以来、同委員会が公式に厳正な立場を表明するのは初めてであること、調査協力について米証券取引委員会(SEC)と連絡を取り、米証券取引委員会からも積極的なレスポンスがあったと語った。同委員会は今後も海外の規制当局と積極的に協力し、海外で上場した中国企業に財務上の不正行為があった際は、当該管轄区の金融規制当局の調査処分を支持するとしている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録