テスラ、上海ギガファクトリー増強に向け約600億円の融資を確保

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

テスラ、上海ギガファクトリー増強に向け約600億円の融資を確保

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

米国時間5月8日、米電気自動車(EV)大手テスラ(Tesla)は、上海ギガファクトリーの生産能力向上に向け、5月7日に40億元(約600億円)に上る2020年度流動資金貸付契約を締結し、今回の融資は無担保リボルビングローンであると発表した。

新型コロナウイルスが流行する中、テスラは上海ギガファクトリーの建設速度を加速させている。計画通りならば、上海ギガファクトリーは2020年中に年間生産台数15万台という目標を達成するだろう。2020年1月、上海ギガファクトリーは「Model Y 」の生産プロジェクトを始動させた。米国のテックメディア「Electrek」の報道によると、上海ギガファクトリーは拡張速度を加速させており、第2期工事は第1期より大規模で、竣工は予想より早まる可能性があり、中国産のModel Yのラインオフは予定より早まる見込みだ。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録