バイトダンス出資のスポーツポータル「虎撲」、プレIPOで1億ドル調達を計画 最速2020年末に米上場か

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

バイトダンス出資のスポーツポータル「虎撲」、プレIPOで1億ドル調達を計画 最速2020年末に米上場か

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

5月14日、ブルームバーグ社は関係者からの情報として、スポーツコンテンツおよびSNSプラットフォームを運営する「虎撲体育(HUPU Sports Media)」が、プレIPOラウンドで1億ドル(約107億円)を調達中と伝えた。本ラウンド開始前、虎撲の評価額は約7億ドル(約751億円)だったとのこと。また虎撲は、2020年末の米国上場を計画中であるが、香港上場も選択肢の一つに入っている可能性があるという。これに対し虎撲は「それに該当する計画は存在しない」とコメントした。

虎撲は、2004年1月、程杭CEOにより米シカゴで設立された。同社は設立からの16年間で、6度の資金調達を行っている。直近では2019年6月に、TikTokなど大人気サービスを展開するバイトダンス(字節跳動)から12億6000万元(約190億円)を調達し、資金調達後の評価額は78億7000万元(約1188億円)に達した。今回の資金調達より前、虎撲はA株上場に向けた目論見書を既に提出しているため、今回伝えられた米国上場のニュースについては疑念を抱かざるを得ない。先頃、程杭CEOはインタビューで、同社は現在上場指導期間に入っており、具体的な上場スケジュール表は無いと答えている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録