vivo、ファーウェイ、サムスンが提携、5G VoNR通話を実現

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

vivo、ファーウェイ、サムスンが提携、5G VoNR通話を実現

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

スマートフォン製造大手のvivo、サムスン、ファーウェイ(華為科技)の3社が提携し、ファーウェイネットワーク実験室でvivo製5G対応スマートフォン「vivo X30」のファーウェイ基地局における5G VoNR通話を成功させた。VoNRは、5Gネットワークに基づいた仮想現実(VR)、遠隔ロボット制御、多者間リアルタイム会議など、多様なアプリケーションシーンに組み込み可能な音声ソリューションである。今回の通話操作では、サムスンがチップソリューション、vivoが端末、ファーウェイが基地局とネットワークテスト環境を提供した。 

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録