テンセントのビジネスツール「WeChat Work」、わずか5ヶ月でユーザー数が2億5000万人に

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

テンセントのビジネスツール「WeChat Work」、わずか5ヶ月でユーザー数が2億5000万人に

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国IT大手テンセント(騰訊)のビジネスチャットツール「WeChat Work(企業微信)」が公表したデータによると、WeChat Workを通じて、同社のSNSアプリ「WeChat(微信)」のユーザーにサービスを提供している企業が、すでに数百万社に上るという。2019年12月23日、WeChat Workがバージョン3.0をリリースしてから5ヶ月間で、WeChat Workを利用するWeChatユーザーは、6000万人から約4倍の2億5000万人に増加したことになる。

新型コロナウイルスの流行期間中、中国平安保険グループ傘下の「平安銀行(Ping An Bank)」や「中国人民保険(PICC)」、百貨店経営「天虹商場(Rainbow Department)」、ドラッグストアチェーン「ワトソンズ(屈臣氏)」、スマートフォンメーカーVivo、レストランチェーン「西貝(Xibei)」などの企業が、WeChat WorkとWeChatの相互運用により、顧客とのコンタクトを保っている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録