ホンダとテンセントが車載向けアプリ開発で提携

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

ホンダとテンセントが車載向けアプリ開発で提携

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

5月18日、ホンダの中国部門が、IT大手のテンセント(騰訊)と戦略的パートナーシップに関する覚書を交わしたと発表した。今回の提携ではテンセントの自動車向けITソリューション「TAI(Tencent Auto Intelligence)3.0」に重点が置かれる。

両社はTAI3.0の車載アプリをホンダ車に搭載する方向で検討を進めていく。対象となる車載アプリは、モビリティライフアシスト「騰訊随行」と、テンセント社内外のオーディオコンテンツを集めたワンストップアプリ「騰訊愛趣聴」。騰訊随行には、チャットアプリ「WeChat(微信)」の車載版、電子決済サービス「WeChat Pay(微信支付)」を利用したナンバープレート自動読み取りによる決済機能「無感支付(insensible payment)」などが含まれ、騰訊愛趣聴には、音楽配信「QQ音楽(QQ Music)」、電子書籍アプリ「微信読書(WeRead)」、ニュース配信「騰訊新聞(テンセントニュース)」、スポーツ配信「騰訊体育(テンセントスポーツ)」、音声コンテンツ配信「喜馬拉雅(Ximalaya)」などが含まれている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録