スウェーデン、ファーウェイの5G設備を採用 デジタル開発大臣「問題がない」とコメント

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

スウェーデン、ファーウェイの5G設備を採用 デジタル開発大臣「問題がない」とコメント

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

スウェーデンの通信大手「テリア(Telia)」は5月25日、ストックホルム市中心部の屋上で5Gネットワークを公開した。 

スウェーデンのエネルギー・デジタル開発大臣であるアンデシュ・イーゲマン氏も同日出席し、ファーウェイ問題について質問されると、「通信会社テレツー(tele2)がファーウェイの製品を使ってもスウェーデンの5Gユーザーにはなんの問題もない。4Gを利用している人は、実はすでにファーウェイを使っている。この会社が提供する設備は多い」と回答した。さらに、同氏は「事業者はネットワークの異なる部分のセキュリティの重要性に応じて、ネットワークの様々な場所で異なる部品の使用を選択できる。設備の選択権は事業者に委ねられるべきであり、法規制の対象にはならない。5Gネットワーク設備には様々な部品が存在し、主要な世界的サプライヤーが含まれるのは必然である」と強調した。

テレツーのネットワークマネージャーであるBjörn Lindberg氏はインタビューに対し、5Gの展開は、ファーウェイ、ノキア、エリクソンなどの大企業を含む「多くのサプライヤーによる協力と努力の結果である」と述べた。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録