中国初のブロックチェーン入札プラットフォームが正式スタート

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

中国初のブロックチェーン入札プラットフォームが正式スタート

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

深圳で、中国初となるブロックチェーンを利用した建設工事の電子入札プラットフォームが正式スタートした。このプラットフォームでは取引の全プロセスにおいてブロックチェーンにより暗号化された証拠保全技術が導入されている。建設工事の取引が進行するたびに各プロセスの結果データがブロックチェーン上にハッシュ値、タイムスタンプ、ブロックの高さ(Block Height)などの情報としてリアルタイムで記録され、任意の時間ノードでデータの存在と真実性が証明できる。これにより、取引過程の重要なプロセスにおけるデータの信頼性とトレーサビリティを保証するという。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録