データ共有アプリ「SHAREit」:テンセントと快手から資金を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

データ共有アプリ「SHAREit」:テンセントと快手から資金を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

5月25日、データ共有アプリ「SHAREit(茄子快伝)」を提供する「衆聯極享科技(SHAREit Technologies)」が、資金を調達した。出資者は「テンセント(騰訊)」と、ショート動画プラットフォームを運営する「快手(Kuaishou、海外では「Kwai」)」。具体的な金額は非公開。SHAREitは、クロスプラットフォームの近距離共有を、中国で早くから試みたソフトウェアであり、2011年に「レノボ(聯想)」社内でインキュベートされた。現在、SHAREitは全世界で18億人を超えるユーザーを擁し、Google Playの年間アプリランキングでトップ10にランクインする製品である。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録