検索キーワードから見た全人代 年寄りは「5G」、若者は「介護」「税金」に関心

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

検索キーワードから見た全人代 年寄りは「5G」、若者は「介護」「税金」に関心

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

5月21日、「両会(全国人民代表大会、全国人民政治協商会議)」が2ヶ月遅れで開幕した。5月22日、バイドゥ(百度)は『バイドゥ検索ビッグデータから見る両会(前編)』を発表し、インターネット利用者が関心を寄せる話題について分析を行った。

レポートによると、年齢層によって関心も異なっており、「90後(1990年代生まれ)」は個人所得税や就職、介護問題などに、「00後」は貧困からの脱却方法や農村経済などに、それぞれ関心を払う傾向が強かった。これに対し、「古い世代」である「60後」では、5Gやブロックチェーンなどの新技術に対する関心が最も高かった。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録