Apple、iPhone用のマイクロLED開発を最優先 約360億円で台湾に新工場建設

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

Apple、iPhone用のマイクロLED開発を最優先 約360億円で台湾に新工場建設

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

米Appleが、ミニLEDやマイクロLEDの生産を行うため、約100億新台湾ドル(約360億円)を投じて台湾桃園市の新竹科学工業園区(Hsinchu Science Park)龍潭園区に工場建設を計画していると台湾メディアが報道した。Appleは台湾の大手LEDメーカー「Epistar(晶元光電)」やLCDメーカーの「AU Optronics(友達光電)」と提携し、将来的にはiPhoneやiPadなどにミニLEDやマイクロLEDを用いたディスプレイを搭載する。

Apple製品に精通する「天風国際証券(TF International Securities)」のアナリストMing-Chi Kuo氏は2020年3月に発表したレポートの中で、Appleは2021年末までにミニLEDを搭載した製品を少なくとも6種発表すると予測した。その6種の製品として、14.1インチ及び16インチの「MacBook Pro」、27インチの「iMac Pro」、12.9インチの「iPad Pro」、10.2インチの「iPad」、7.9インチの「iPad mini」を挙げている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録