テンセント「長江デルタAIスパコンセンター」上海で着工、投資額約6850億円超

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

テンセント「長江デルタAIスパコンセンター」上海で着工、投資額約6850億円超

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

6月6日、「テンセント長江デルタ人工知能スーパーコンピューティングセンター(騰訊長三角人工智能超算中心)」および産業基地のプロジェクトが、上海市松江区で着工された。テンセント(騰訊)は450億元(約6850億円)以上を投資する見込み。

このセンターの敷地面積は236ムー(約15万平方メートル)で、長江デルタ地域最大、中国全体でもトップ3に入るAIスーパーコンピューティングの中枢となる予定だ。2021年末からに順次運用が開始され、大規模なAIアルゴリズム・コンピューティングやマシンラーニング、画像処理、科学計算、工学計算などのタスクを担うという。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録