中国コングロマリット「恒大健康」、スウェーデンのEV企業「NEVS」を完全子会社化

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

中国コングロマリット「恒大健康」、スウェーデンのEV企業「NEVS」を完全子会社化

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国大手不動産コングロマリット「中国恒大集団(China Evergrande Group)」傘下の「恒大健康(Evergrande Health)」が6月10日、恒大健康の子会社である「Mini Minor」と「National Modern」との間でスウェーデンの電気自動車(EV)メーカー「National Electric Vehicle Sweden AB(NEVS)」の株式売買に関する協議を交わしたことを発表した。これまでMini MinorはNEVS株の82.4%を保有していたが、3億7950万ドル(約407億円)でNational Modernが保有していた残り17.6%のNEVS株を全て取得することでNational Modernも同意したという。この取引が完了すれば、NEVSはMini Minorの完全子会社となる。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録