米クアルコム、中国テックスタートアップ3社に出資

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

米クアルコム、中国テックスタートアップ3社に出資

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

6月11日、米半導体メーカークアルコム(Qualcomm)の投資部門「Qualcomm Ventures」が、中国企業3社にベンチャー投資を行った。投資先企業は、海外ローミングサービスの「紅茶移動(RedteaMobile)」、自動車安全運転支援システムの「騰視科技(Tensor Technology)」、クラウドゲームサービスの「達龍雲(Dalongyun)」。

現在「Qualcomm Ventures」は、中国で60社以上の企業に投資を行っているが、今回投資した3社はIoT、AIを活用した特化型アプリ、5G活用といった分野の企業だ。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録