仮想通貨マイニング大手「Ebang(億邦)」、6月26日にナスダック上場 最大1.25億ドルを調達予定

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

仮想通貨マイニング大手「Ebang(億邦)」、6月26日にナスダック上場 最大1.25億ドルを調達予定

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国の暗号資産採掘(マイニング)マシン大手「億邦国際(Ebang International)」が6月26日に米国ナスダックに上場し、「カナン・クリエイティブ(嘉楠科技)」に続き海外で上場する暗号資産マイニングマシン企業となる。先日更新された目論見書によると、同社は1932万3600株を発行予定で、発行価格帯は4ドル50セント~6ドル50セント(約481円~695円)、資金調達規模は8694万ドル~1億2500万ドル(約93億円~134億円)となっている。

2010年に設立された億邦国際は、現在5ナノメートル(nm)のマイニング専用ASIC(特定用途向け集積回路)とマイニングマシンの研究開発に注力しており、「Bitmain(比特大陸)」やカナンと共に中国ブロックチェーン企業の3大ユニコーンと呼ばれている。2019年の売上高は1億900万ドル(約117億円)で、純損失が4107万ドル(約43億9000万円)となっている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録