Apple、最速で2021年に折り畳み式iPhoneをリリースか

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

Apple、最速で2021年に折り畳み式iPhoneをリリースか

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

台湾「経済日報(Economic Daily News)」が報じたところによると、米Appleは早ければ2021年に、折り畳み式iPhoneをリリースする予定だという。

関連サプライヤーによると、折り畳み式iPhoneにはデュアルディスプレイと側面Touch IDが搭載され、上下に折り畳むデザインとのこと。また、台湾の「鴻海精密工業(Hon Hai Precision Industry)」や「大立光電(Largan Precision)」などを含むiPhoneの既存サプライヤーが参与するとみられる。このうち、鴻海が量産初期における独占的組立製造サプライヤーとなり、大立光電が光学レンズを提供、金属筐体メーカー「可成科技(Catcher Technology)」が筺体を供給するという。また、ベアリングメーカーの「新日興(SZS)」が、初めてiPhoneのサプライチェーンに加わる模様だ。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録