ファーウェイがスマホに新素材、放熱材料のグラフェンを5G製品に

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

ファーウェイがスマホに新素材、放熱材料のグラフェンを5G製品に

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国工業情報化部によると、ファーウェイ(華為科技)は、スマートフォン「HUAWEI Mate 20 X」で放熱素材のグラフェンフィルムを初採用したのに続き、最近リリースした中国初の5Gタブレット「Huawei MatePad Pro 5G」でも同フィルムを備えた放熱テクノロジーを搭載したとのこと。この技術では、材料のグラフェンを何層にも重ねて作られた高配向性熱伝導フィルムを使用しているが、このフィルムは機械的特性や熱電動率が高く、軽量で薄く、しなやかで丈夫などの特徴がある。5G対応スマートフォンへの乗り換えブームと基地局建設のピーク到来を背景に、グラフェンはその特性により、電子機器向け放熱ソリューションへの活用拡大が期待されている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録