国際物流の見える化をSaaSで提供 海管家が住友商事などから数億円を調達

36Kr Japan | 中国No.1スタートアップメディア日本版

中国最大のスタートアップメディア、36Krの日本版です。先端企業の技術開発、業務提携、ファイナンス状況など中国の「今」を現地から届けるとともに、日本人向けの解説などのオリジナル記事を発信します。36Kr日本版を見れば、中国が分かります。

短信

国際物流の見える化をSaaSで提供 海管家が住友商事などから数億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

国際物流関連のSaaSサービスを手掛ける「海管家(Yunlsp)」がシリーズA1およびA2でそれぞれ数千万元(数億円)を調達した。出資者は「住友商事亜洲資本(Sumitomo Corporation Equity Asia)」と「正軒資本(Zhengxuan Investment)」。海管家の創業者・金忠国CEOによると、調達した資金は主に製品とシステムの研究開発に充てられる。同社は研究開発スタッフが7割を占める。

海管家は2015年に設立され、物流および港湾企業へシステムソリューションとデータ接続サービスを提供している。同社は2017年下半期から、国際物流における車両、船舶、荷物の可視化トラッキングや事前アラートなどの情報を検索できるSaaS型のシステムを提供している。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録