短信

ジャック・マー氏、アリババの持株比率が4.8%に低下

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

中国最大手のEC企業アリババ・グループ(阿里巴巴集団)が米証券取引委員会(SEC)に提出した7月9日付けの会計年度報告によると、7月2日の時点で同社創業者であるジャック・マー(馬雲)氏の持株比率は4.8%、ジョセフ・ツァイ(蔡崇信)氏は同1.6%とそれぞれ以前より減少した。

先日アリババが香港に上場した際に提出した目論見書では、マー氏の持株比率は6.1%、蔡氏は2%となっていた。ソフトバンク・グループの持株比率も24.9%と以前より減少したが、筆頭株主の座を保っている。なお、先日不倫疑惑により処分を受けた蒋凡氏はアリババのパートナー名簿から名前が外されている。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録