格安航空券検索の「スカイスキャナー」、コロナ禍で2割の人員を削減

36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア

日本最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア。日本経済新聞社とパートナーシップ提携。デジタル化で先行する中国の「今」から日本の未来を読み取ろう。

短信

格安航空券検索の「スカイスキャナー」、コロナ禍で2割の人員を削減

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

航空券検索サイトの「スカイスキャナー(Skyscanner)」が7月14日、大幅な人員削減に踏み切ると発表した。削減規模は全従業員の2割にあたる300人前後で、中でもスコットランドのエディンバラ本社では最大で84人を削減する。ハンガリーのブダペスト、ブルガリアのソフィアにある事業所を閉鎖する可能性もあるという。

2003年に設立されたスカイスキャナーは、2016年に中国のオンライン旅行会社大手「携程(Trip.com)」に買収されており、全世界に1500名のスタッフを擁する。今回の発表以前も、同社では不要不急の新規採用活動を中止しており、また英国で新型コロナウイルス対策のためにロックダウン措置がとられた後、3月には自発的に従来の勤務パターンの変更などを行っていた。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録