短信

WeChatミニゲームが収益化に貢献、20年上半期MAUは前期から16%増加

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

8月19日、「第9季WeChatオープンクラス ミニゲーム特集(第九季微信公開課小游戯専場)」が広州で開催された。そこでテンセントの「WeChat(中国国内版は「微信」)」ミニゲームチームが、ミニゲームに関する最新データを明らかにした。

2020年上半期、ミニゲームの月間アクティブユーザー数(MAU)は、2019年下半期に比べ16%増加し、商業収益は前期比18%増となった。また2020年7月時点で、ミニゲーム全体のアクセス数は前年同期比80%増、レベニューシェアの額が月あたり100万元(約1500万円)以上のゲームは39種類、ミニゲームによるプロモーションでもたらされる登録者数は1日当たり700万人となっている。

2020年、ミニゲームの商業化は、収益化、最適化、成長という3つのテーマを軸としてアップグレードを続けていくだろう。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録