短信

バイドゥの検索事業元幹部ら、1年の競業禁止期間終了を待ちバイトダンスへ

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

2019年5月に中国検索最大手バイドゥから電撃退社した5人の幹部のうち、4人がバイドゥ検索事業の経営陣だった。 最近、この4人のうち、呉海峰氏と孫雯玉氏がTikTokなどを運営するバイトダンス(字節跳動)に入社していたことがわかった。

退社した幹部らはバイドゥ離職時、1年間の競業禁止協議を結んでいたという。そのため、呉氏と孫氏は医療情報関連の会社を共同で設立し、約束の期限を迎えるのを待っていた。 36Krが調べた情報によれば、他に少なくとも5人の元バイドゥ幹部がバイトダンスに加入している。

バイトダンスは2016年から検索エンジンの開発を始め、のちに自社の情報コンテンツプラットフォーム「今日頭条(Toutiao)」内に検索エンジンを開設した。2019年8月にウェブサイト版の検索エンジン、そして今年2月にアプリ「頭条捜索」を正式にローンチした。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録