短信

インスタントコーヒー部門でネスレに勝利した「Saturnbird」、約15億円を調達

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

スペシャルティコーヒーブランドの「Saturnbird Coffee(三頓半)」がシリーズBで1億元(約15億5000万円)超を調達した。リード・インベスターは「セコイア・キャピタル・チャイナ(紅杉資本中国基金)」、コ・インベスターは既存株主の「峰瑞資本(FREES FUND)」。

2015年に設立されたSaturnbird Coffeeは、18年にECプラットフォームの「天猫(Tmall)」に出店して以来、力強い成長を維持している。今年の天猫618セールイベント期間中、Saturnbird Coffeeはネスレ、スターバックスという2大巨頭を押さえ、インスタントコーヒー部門で売り上げ第1位となった。

スペシャルティコーヒーはこれまで専門店でのみ提供され、一部のコーヒーファンだけが楽しむ類のものだった。しかし、Saturnbird Coffeeはそれをフリーズドライ粉末という新たな形態でECチャネルで販売することにより、多くの人が新鮮かつ高品質なインスタントコーヒー体験を日常的に楽しめるようににした。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録