短信

米フォーチュン、中国実業家7名を「最も影響力のある若手実力者」に選出

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

続きを読む

9月3日、米経済誌「フォーチュン」が2020年版「40 under 40(世界で最も影響力のある40歳以下の若手実力者Top40)」を発表した。

中国勢では、ショート動画プラットフォーム「快手(Kuaishou、海外版は「Kwai」)創業者兼CEOの宿華氏、バイドゥグループ副総裁の呉甜氏、子供向けオンライン教育「VIDKID」創業者兼CEOの米雯娟氏、オンライン教育大手「好未来(TAL)」共同創設者兼COOの劉亜超氏、ゲノム編集による異種間臓器移植「啓函生物(Qihan Biotech)」CEOの楊璐菡氏、医療用AI機器「数坤科技(Shukun Technology)」CEOの馬春娥氏、アリババ傘下のアント・グループが運営するデータベース会社「OceanBase」CEOの楊氷氏の7名が選出された。

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録

関連キーワード

セミナー情報や最新業界レポートを無料でお届け

メールマガジンに登録